”人食いバクテリア”が大都市圏で猛威!患者数が過去最高に

手足の腫れや激しい喉の痛みなどの初期症状の後、急激に手足の筋肉が壊死(えし)したり、多臓器不全などの症状があらわれ、その致死率は30%にも及ぶことから、俗に人食いバクテリア」との恐ろしい異名を持つ感染症の2015年の患者数が、過去最多にのぼることが明らかになりました。

国立感染研究所によると、今年の患者数は今月9日までで、すでに279人にのぼり、調査を開始した1999年以降、年間での最多を更新したのだとか。都道府県別では、東京が44人、大阪が28人、神奈川が20人、千葉、兵庫が15人と、主に大都市圏で感染者が多いようです。

この「人食いバクテリア」は、「A群溶血性レンサ球菌」の感染によって起こるもので、通常は、レンサ球菌に感染しても、咽頭炎や皮膚の感染症にとどまることがほとんどですが、まれに菌が傷口から血液などに侵入した場合に劇症化すると考えられています。

劇症化の詳しいメカニズムについては、まだ詳しくは分かっておらず、もしも怪我をした場合には、きちんと消毒して病原菌が入らないようにするなどの対策を講じる必要があるようです。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : その他の感染症

このページの先頭へ