初のトクホ取消!日本サプリメント「ペプチドシリーズ」など6商品

いつの間にかトクホの審査は申請時だけに…

特定保健用食品(トクホ)は、有効性や安全性などの科学的根拠を示して、国の審査を受け、例えば「血液中のコレステロールなどを正常に保つ」「お腹の調子を整える」「体脂肪を減らす」「高めの血圧を抑える」など、消費者庁から特定の保健効果を表示することを許された商品です。

このトクホの制度は、1991年の開始当初は4年更新で、その都度国の審査を必要とされていましたが、1997年からは永久許可制になったことから、現在では申請時に審査が行われているだけでした。

そして今回、この制度が始まって以来初めて、特定保健用食品(トクホ)の表示許可が取り消される事態が発生しました。

消費者庁が日本サプリメントの6商品につきトクホ表示許可を取り消し

消費者庁は、日本サプリメントが販売する特定保健用食品のサプリメント「ペプチドシリーズ」「豆鼓シリーズ」の6商品について、関与成分の含有量が、表示通りに含まれていないことなどを理由に、特定保健用食品(トクホ)の表示許可を取り消しました。

報告怠り悪質性高いと判断

消費者庁によると、2014年3月に実施された日本サプリメント社の自主調査において、カツオ節由来の成分が、表示量の100分の1程度しか含まれていないことを把握しながら、今月に入るまで消費者庁への報告を怠っていたのだとか。

同庁は、2年以上報告を怠っていたことについて、悪質性が高いと判断し、異例の表示許可取消に踏み切ったわけです。

取り消し対象の商品は?

なお、今回、トクホの表示許可が取消となった商品は次の通り。

  • ペプチドエースつぶタイプ
  • ペプチド茶
  • ペプチドストレート
  • ペプチドスープEX
  • 豆鼓エキスつぶタイプ
  • 食前茶

ペプチドシリーズについてのお詫びとお知らせ|日本サプリメント
豆鼓シリーズについてのお詫びとお知らせ|日本サプリメント

日本サプリメントの対応について

同社では、返品の受け付けもされており、希望する場合は下記フリーダイヤルに連絡することで対応していただけるようです。

0120-332-558 (受付時間 9:00 ~ 20:00)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : 食生活

このページの先頭へ