胃がん検診に胃カメラ検査を推奨!新ガイドライン改定で

今回、国立がん研究センターは、胃がん検診の科学的根拠を示すガイドラインとして「有効性評価に基づく胃がん検診ガイドライン」2014年度版を公表しました。

「有効性評価に基づく胃がん検診ガイドライン」2014年度版(PDFファイル)は、現在下記ページよりダウンロードできます。”完全版”だけでなく、重要部分を集約し簡略化した”普及版”、一般にも理解しやすいような表現でまとめられている”解説版”、英語版が用意されています。

科学的根拠に基づくがん検診推進のページ

胃がん検診として胃カメラ検査を新たに推奨

これまでのガイドライン(2005年度版)では、自治体の住民検診などで行う胃がん検診としてエックス線検査(バリウム検査)のみが推奨されていたのですが、今回公表された2014年度版では、胃カメラによる検査(胃内視鏡検査)が新たに推奨されています。

これは、エックス線検査による放射線被曝が問題視されていたこと、近年の研究において、胃カメラによる検査(内視鏡検査)で胃がんの死亡率減少効果を示す相応な証拠が確認されたことなどが、その根拠になっているようです。

現在、国はがん検診の指針の見直しを進めており、今回公表されたガイドラインは、その見直し作業の参考にされます。今後、国の指針でも胃がん検診として胃カメラが推奨されることになれば、住民検診に胃カメラを導入する自治体が増えると見られています。

ただし、国立がん研究センターはガイドラインの中で、内視鏡検査の実施による過剰診断や前処置で行われる咽頭麻酔によるショック、穿孔、出血などの偶発症の可能性を指摘した上で、次のような”実施の条件”もあわせて明記しています。

重篤な偶発症に迅速かつ適切に対応できる体制が整備できない限り、実施すべきではないとした。さらに、精度管理体制の整備と受診者への不利益の十分な説明も求めている。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : がん治療・がん研究全般

このページの先頭へ