握力を調べれば心臓病や脳卒中リスクがわかる!

心臓病や脳卒中の発症リスクを判定する検査と言えば、血圧測定や血中脂質検査などが挙げられますが、これらのリスクを測定する手段の一つとして、より安価でより簡単な”握力検査”が加わる可能性が示されました。

世界17カ国、約14万人を対象にした大規模調査の結果

今回、カナダのマクマスター大学が主導した国際チームにより、世界17カ国の35~70歳の患者14万人近くを対象にして、その健康状態の経過観察と握力を4年間に渡って測定したところ、次のような注目すべき結果が得られました。

その結果、4年の調査期間で、握力が5キロ低下するごとに、何らかの原因による死亡リスクが16%増加する関連性が認められた。またこの握力低下は、心臓発作リスクの7%増、脳卒中リスクの9%増にそれぞれ関連していた。

今回の研究においては、特に早死に関する予測因子としては、血圧(収縮期血圧:最高血圧)よりもむしろ、握力の数値の方が優れていたとの結果も出ているようです。

握力は血圧測定や脂質検査に比べて、簡単かつ短時間で、しかも安価な機器で測定することが可能であるため、リスク判定因子の一つとして活用しない手はないですよね。

但し、握力がなぜ心疾患や脳卒中などの発症リスクと関連しているのかについて、動脈硬化が握力を含めた筋力を弱めている可能性は指摘されているものの、その詳細なメカニズムは明らかにされていません。

また、その逆に、筋力を強化すれば、死亡リスクや心臓病や脳卒中などの循環器疾患のリスクを軽減できるかについても、今後の研究を待つ必要があるようです。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : トピックス

このページの先頭へ