糖尿病患者だけじゃない!糖尿病予備軍もがんリスク高いことが判明

糖尿病は様々ながんの危険因子と考えられており、これまでの研究でも、糖尿病患者ががんになるリスクは、大腸がんや膵臓がん、肝臓がんなど全がんを通して1.2倍、がんの種類によっては最大で約4倍にも及ぶとの報告もあります。

ところが今回、国立がん研究センターなどの研究チームによる、46~80歳の男女約3万人を対象とした大規模調査の結果、たとえ糖尿病には至っていなくても、直近1~2ヶ月の血糖値を反映する”HbA1c”の数値が糖尿病一歩手前の、いわゆる「糖尿病予備軍」に属する人は、がんを発症するリスクが高まることが初めて示されました。

より具体的には、約3万人の被験者をHbA1cの数値で5段階に分類し、HbA1cの値が5.0~5.4%のグループを基準とした時のがん発症リスクは、糖尿病診断の目安となる6.5%以上では1.43倍に、糖尿病予備軍とされる6.0~6.4%でも1.28倍に達していたことが明らかになったのです。

今回の研究成果により、慢性的に血糖値が高めな人は、糖尿病への進行という観点からだけでなく、がん予防という側面から見ても、日常の血糖コントロールの重要性があらためて示されたと言えますね。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : 糖尿病

このページの先頭へ