日本救急医学会が「熱中症診療ガイドライン2015」を発行

今回、日本救急医学会により、これまでに実施された調査結果や国内外から寄せられた報告に基づいて、初めてとなる熱中症の診療指針である「熱中症診療ガイドライン2015」が発行されました。

その中で、患者の周囲にいる人が、いち早く患者の異変に気づいて適切な治療に繋げられるよう、熱中症の重症度を1度~3度の3段階に分けた上で、それぞれの症状や適切な対応などが具体的にまとめられています。

熱中症の重症度の分類と対処法

体温などにかかわらず、めまいや立ちくらみ、大量発汗などがある状態を「重症度1度」としています。

この場合の対処法は、基本的には医療機関への受診の必要はありません。体の表面を冷やし、水分や塩分の補給を行うなどの応急手当を施し、状態を見守ることが原則です。

※もしもこれらの手当を行っても症状が回復しない場合は、医療機関の受診が必要です。

これらの諸症状に加えて、頭痛や嘔吐、倦怠感などの症状が見られる状態は「重症度2度」とされ、重症度2度以上は迷わず医療機関へ搬送し、経口や点滴による水分と塩分の補給、体を冷やす処置などを受ける必要があります。

さらに意識障害や痙攣などの症状が見られる状態を「重症度3度」とし、入院加療が必要となる危険な状態とされてています。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : トピックス

このページの先頭へ