腹囲だけで安心しちゃダメ!「隠れメタボ」が全国で914万人との推計

現行のメタボ診断基準について

2008年度より40~74歳を対象に実施されている”メタボ健診”において、メタボリックシンドロームとして診断されている基準は次の通りです。

「 腹囲が男性で85cm以上、女性で90cm以上 」

かつ

1.高血圧
  • 最高血圧: 130mmHg以上
  • 最低血圧: 85mmHg以上
2.脂質異常
  • 中性脂肪: 150mg/dl以上
  • HDL(善玉)コレステロール: 40mg/dl未満
3.高血糖
  • 空腹時血糖: 110mg/dl以上

高血圧、脂質異常、高血糖に関するこれらの項目のうち、いずれか2つの項目に該当する場合と定められており、現在のメタボ対策は、腹囲という肥満(内臓脂肪の蓄積)を前提にとられていると言えます。

しかし、たとえ肥満とは言えない人であっても、高血糖や脂質異常などの代謝異常が重なると心臓病などのリスクは当然に高まります。そして特に日本人は、太っていなくても代謝機能に異常が出る人、いわゆる「隠れメタボ」に該当する人が多いと考えられていました。

中高年4千人のデータを分析して隠れメタボを推計

そこで今回、厚生労働省研究班が、1997~2012年に国立長寿医療研究センターによって実施された40~79歳の男女約4000人の健康調査データを分析した結果、体格指数(BMI)が25未満で、腹囲もメタボ基準未満なのに、高血圧、脂質異常、高血糖のうち2つ以上の異常をもつ人の割合が、男性の10.9%女性の13.6%に上っていることがわかったのです。

さらに、この数字をもとに日本全国の隠れメタボ患者を推計したところ、男性で380万人、女性で534万人の合計914万人に上ることも判明。このまま対策がとられない場合、10年後には1014万人に、20年後には1042万人に増えると予想されています。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : 肥満症

このページの先頭へ