子宮頸がんワクチンの多様な副作用は脳障害が原因の可能性

先日、子宮頸がんワクチンによる副作用把握のための追跡調査が強化されるというトピックスを取り上げたばかりですが、今回、副作用を訴えている患者さんの髄液を調べたところ、脳に障害が起きている可能性が確認されました。

髄液が調べられたのは、原因不明の体の痛みや、視野狭窄、引き算ができなくなった、自分の名前や母親がわからくなった、強い不安や恐怖感など多様な症状を訴える15~20歳の32人です。

免疫機能の異常を確認

この32人と、子宮頸がんワクチンを打ってない女性の髄液を比較した結果、32人の髄液からは、炎症などを起こす様々な免疫活性物質や、白血球からつくられる複数の抗体が高い数値で検出されたのだとか。

依然その詳細なメカニズムは不明ですが、ウイルスや細菌など病気の原因になる微生物が体内に侵入した際に、これを攻撃し排除しようとする免疫機能に異常が生じた結果、自らの脳の機能に様々な障害を引き起こしているのではないかと考えられています。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : 副作用

このページの先頭へ