接着力は2倍以上!ハイドロキシアパタイトで新しい生体接着剤を開発

岡山大と大阪大の共同研究チームは、接着力が強い上に、体に優しく、圧接するだけですぐに接着できる反面、水をたっぷりと含ませると綺麗に剥がせるという、これまでにない新しいタイプの生体接着剤の開発に成功しました。

生体接着剤は、主に手術時の切断面の止血や縫い合わせた傷の補修などのために使用されています。

現在、主に使われている生体接着剤は、血液に含まれるタンパク質を利用したフィブリン系接着剤ですが、これは生体親和性には優れているものの、その接着力の強さには問題がありました。

そのため、かねてより医療現場からは、高い接着強度と生体親和性を併せ持つ、新しい生体接着剤の開発が切望されていました。

今回開発された生体接着剤は、骨や歯の主成分で、歯磨き剤や健康食品などにも使われている「ハイドロキシアパタイト」をベースにしたもので、生体親和性の高さに優れています。

ハイドロキシアパタイトには、タンパク質などを吸着する性質がありますが、研究チームはより吸着効率を高めるために、ハイドロキシアパタイトをナノオーダーで微細構造化し、粉末状やシート状に成形することで接着力のアップを図っています。

実際、マウスの皮膚組織を使って接着力を比べてみたところ、従来使用されているフィブリン系接着剤よりも2倍以上の強い接着力を持つことがわかりました。

ハイドロキシアパタイトは価格が安い上、無機素材のため加熱消毒が可能で、滅菌などの取り扱いも容易なので、短時間に強力な接着力を発揮する優れた生体組織接着剤として期待されています。

また、ハイドロキシアパタイトは歯磨き剤や健康食品などにも使用されてる通り、食べても安全な素材であるため、医療用途以外にも、食品加工や接ぎ木など植物への応用も期待されています。

  1. これまでにない新しいタイプの生体接着剤の開発に成功
  2. 従来の生態接着剤に比べて2倍以上の接着力
  3. 価格が安く、取り扱いも容易で、安全性も高いため、医療用途以外への応用も
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : 医療全般

このページの先頭へ