乳幼児はイオン飲料の飲み過ぎでビタミンB1欠乏症に!障害や死亡例も

熱中症対策や風邪などの感染症にかかった時の水分補給として役立つのが、スポーツドリンクなどのイオン飲料ですが、特に乳幼児に対してイオン飲料を与える場合は、特別の注意が必要であることがわかりました。

今回、日本小児科学会などの調査の結果、イオン飲料を習慣的に飲み続けたところ健康状態が悪化した乳幼児の報告が、昨年までの31年間で33例、うち24例はこの10年間に発生していることがわかったからです。

現在市販されているほとんどのイオン飲料には、糖やミネラルが配合されている一方で、その糖をエネルギーに変換するのに必要なビタミンB1は含まれていません。

この大切な栄養素であるビタミンB1は、本来、ミルクや離乳食に含まれているので通常であれば何ら問題ありません。

しかし、乳幼児がイオン飲料の美味しさに気付いてしまって、そればかり飲むようになると、イオン飲料でお腹がいっぱいになって、ミルクや離乳食の摂取量が少なくなる事態にもなりかねません。

そのような状況が長期に渡って習慣的に継続した場合、ビタミンB1欠乏症に陥るリスクが高まり、頻度こそ多くはありませんが、脳症や脚気を発症することもあります。

日本小児科学会などによる調査の結果は次の通りです。

1986年以降の報告で、7カ月~2歳11カ月の33人がビタミンB1不足のため、意識障害や浮腫などを起こし、1人が死亡していた。33人のうち24人は07年以降の報告だった。

33人中12人に知的障害や運動障害が残った。分析できたうち、飲んでいた期間は最短1カ月、最長は1年11カ月。約9割が1日1リットル以上飲み、大半は離乳食をほとんど食べないか少量しか食べていなかった。

イオン飲料は身体に優しいイメージがあるため、乳幼児が欲しがるとつい気軽に与えてしまいがちではないでしょうか。

もちろんイオン飲料は、熱中症予防や風邪などの感染症にかかった時の水分補給のためには優れた飲み物ですが、障害が残ってしまったり、最悪の場合は死に至るケースもあることを考えると、こと乳幼児に対してはイオン飲料を飲む習慣自体付けない方が良いようです。

少なくとも、授乳や離乳食の妨げになるような極端な飲み方をしている場合には、即刻見直すべきだと言えます。

スポーツドリンクなどのイオン飲料を習慣的に飲み続けたところ、健康状態が悪化した乳幼児の報告が、昨年までの31年間で33例、うち24例はこの10年間に発生していることが判明しました。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : 赤ちゃんの健康

このページの先頭へ