発育不良卵子にミトコンドリアを移植して若返らせ、不妊治療女性が無事出産

精神的にも経済的にも負担の大きい不妊治療。子どもが欲しい一心で、出口の見えない不妊治療に挑まれているご夫婦にとっては、まさに藁をも掴む気持ちになっておられる方も少なくないのではないでしょうか。今回そんな不妊治療に関して、アメリカの企業から注目すべき発表がありました。

加齢により卵子の質に問題があって、不妊治療を続けてきた34歳の女性の卵巣から、卵子のもとになる細胞を採取して、その中にある卵子に必要なエネルギーを作るミトコンドリアを取り出し、これを本人の発育不良の卵子に移植して若返らせるという手法で、今回初めて赤ちゃんが生まれたとの発表があったのです。

発表したのは、この手法を開発したアメリカの企業「オバ・サイエンス社」。同社はアメリカに拠点を置き、世界の不妊治療クリニックに技術提供をしている企業です。

今回、無事に出産したのは、年齢の割に卵子の質が悪く、これまで体外受精に何度も失敗しているカナダ在住の34歳の女性ですが、これまでにもカナダで複数の妊娠例がある他に、トルコでも 27~41歳の8人にこの手法を実施して、うち2人の女性の妊娠を確認しているようです。

一方で、効果を疑問視する声も

同社は、今回の出産成功事例により「世界中の女性に提供したい」とのコメントも寄せているようですが、その一方でこの手法の効果を疑問視する声も上がっており、埼玉医科大教授の石原理教授は次のように述べられています。

「不妊に悩む同一人物の未熟卵を用いてなぜ効果が出るのか分からない。科学的に検証できる材料が乏しく、評価は時期尚早だ。」

さらなる検証と研究が必要のようですが、不妊治療を専門にされている研究者が上のように述べられると言うことは、逆に考えれば、今回の成果がこれまでとは異なる、全く新しい不妊治療の糸口になる可能性もあると言えるのではないでしょうか。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : 不妊治療

このページの先頭へ