迅速かつ十分量のインフルエンザワクチン供給実現に一歩前進

つい先日、茨城県の障害者支援施設で、早くもインフルエンザの集団感染が発生が起きたとの報告があったばかりですが、今回、インフルエンザの流行期を前に、インフルエンザワクチン製造に関連する朗報がありました。

広く使用されている季節性インフルエンザワクチンは、受精卵でウイルスを増殖させることによって製造されていますが、その製造過程で抗原変異が起こった場合、ワクチンの有効性が大きく低下することが知られています。

それに対して、受精卵ではなく培養細胞でウイルスを増殖した場合、この抗原変異が起こりにくく、より有効なワクチンを製造することができる反面、培養細胞ではウイルスの増殖性が悪いという大きな欠点がありました。

現在、国は高病原性インフルエンザウイルスによるパンデミック対策として、より迅速な製造が可能な培養細胞を用いて製造するインフルエンザワクチンの備蓄に取り組んでいますが、上記の理由による生産性の低さが問題となっていました。

より有効性の高いワクチンを効率良く製造することが可能に

そんな今回、東京大学の研究チームにより、抗原変異が起こりにくい培養細胞で、増殖性の高いインフルエンザウイルスの作出に成功したとの発表がありました。しかも、理論的にはどのような型のインフルエンザウイルスでも、同様の方法で増殖性の高いウイルスの作出が可能であることもわかったのだとか。

今回の研究成果は、従来の季節性インフルエンザワクチンに比べて、より有効性の高いワクチンの作製のみならず、もしも高病原性インフルエンザウイルスによるパンデミックが発生した時に、迅速かつ十分量のワクチン供給を実現するものとして期待されています。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : インフルエンザ

このページの先頭へ