インフルエンザワクチンは1歳未満の乳児と中学生に効果なし

現在、インフルエンザワクチンは、希望すれば生後6ヶ月以上から受けることができます。ところが今回、慶応大などの研究チームによる、6ヶ月~15歳の小児 4,727人を対象にした世界的に例のない大規模調査の結果、6~11ヶ月の乳児と13~15歳の中学生に対しては、インフルエンザワクチンの発症予防効果が見られなかったことが明らかになりました。

研究チームは、2013年11月~2014年3月まで、慶応大関連の22医療機関を、38度以上の発熱があって受診した6ヶ月~15歳のデータより、インフルエンザへの感染の有無とインフルエンザワクチン接種の有無を調査し、インフルエンザの型ごとにワクチンの発症予防効果を分析した結果は次の通りです。

その結果、6~11カ月では、患者が最も多かったA型で発症防止効果がみられなかった。13~15歳は、A型もB型も効果がなかった。以前からワクチンの効果が低いとされるB型は、全年齢で26%しか効果がないとの結果になった。

ちなみに、6~11ヶ月と13~15歳以外の年齢、つまり、1~12歳におけるA型と、A型の中でも2009年に世界的流行をしたH1N1型のワクチンによる発症予防効果をまとめると次の通りです。

年齢 A型の予防効果 H1N1型の予防効果
1~2歳 72% 67%
3~5歳 73% 84%
6~12歳 58% 90%

と、1~12歳では、いずれも発症予防効果が高く、特にH1N1型では非常に高い予防効果が認められました。

今回の調査の結果、生後6~11ヶ月の乳児に対しては、インフルエンザワクチンの効果がないことがわかった一方で、中学生未満の小児に対しては積極的にワクチンを接種すべきことが示されました。また、13~15歳の中学生でワクチンの効果が見られなかった理由は今後の研究課題とのことです。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : インフルエンザ

このページの先頭へ