iPS細胞由来免疫細胞でがん縮小!暴走に備え安全装置も確認

iPS細胞はどんな細胞にも分化しうる”万能細胞”ですので、もちろん癌などを攻撃する免疫細胞に誘導することも可能です。

そして、iPS細胞から免疫細胞の一種である「キラーT細胞」を若返った状態で作製すること自体は、東京大の中内啓光教授らの研究チームにより、すでに2013年に成功していました。

ところが、もともとiPS細胞から作製した細胞には、がん化の恐れや副作用の懸念があり、まして免疫細胞という強力な細胞が、もしも暴走し、その増殖に歯止めがかからなくなれば一大事です。

そのため、この技術をより安全に臨床に応用するためには、iPS細胞ががん化した場合や上記のような副作用が生じた場合に、これらを制御できる必要がありました。

iPS細胞由来のキラーT細胞でマウスのがん縮小を確認

そして今回、同研究チームは、ヒトのiPS細胞から作製した免疫細胞の一種「キラーT細胞」を使い、マウスのがんを小さくする実験に成功しました。マウスの体内に元々ある免疫細胞を取りだして増やし、再び体内に戻すという従来の手法と比べて、がんが縮小する効果が高く、マウスの生存期間も延びることがわかりました。

もしもの時に暴走を止める安全装置も

さらに、今回の実験では、もしも免疫細胞が暴走した場合に、それらを細胞死に導けるよう、iPS細胞の段階で、特定の薬剤に反応する”自殺遺伝子iCaspase9」”を組み込んでいたのですが、実際にその薬剤を投与することで、iPS細胞由来キラーT細胞に細胞死を誘導できることも確認できたのだとか。

今回の研究成果により、iPS細胞から作製されたキラーT細胞を使った新しいがん治療法の、あらゆる過程で起こりうる副作用をコントロールできるようになったと言え、より安全で有効なT細胞療法の実現に繋がると期待されています。

その他のiPS細胞由来の細胞治療へも応用可能

また、今回その効果が確認された”自殺遺伝子「iCaspase9」を利用した”安全装置”は、iPS細胞由来キラーT細胞に対してだけではなく、その他のiPS細胞由来の細胞治療へも応用が可能なのだそうです。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : iPS細胞

このページの先頭へ