iPS治験2例目の手術見送りに…培養中のiPS細胞に遺伝子変異

iPS細胞を使った世界初の臨床研究として、現在、理化学研究所などのチームにより、目の難病である加齢黄斑変性の患者に対する、2例目の治験が進んでいました。

2例目の治験も1例目と同様に、患者本人の皮膚細胞からiPS細胞を作成し、それを適正な網膜細胞に分化させた上で移植する予定だったのですが、今回、移植のために培養していたiPS細胞を解析した結果、複数の遺伝子変異が見つかったため、2例目の移植手術を見送るとの判断が下されたことが発表されました。

発見された遺伝子変異のうち、一つはがんとの関連が疑われる遺伝子で、1例目の治験のために用意されたiPS細胞にはない変化だったようです。ちなみに、昨年9月に世界で初めて実施された1例目の患者の経過は今も順調とのこと。

危険なゲノム変化の定義を明確化する必要性

研究チームは、今回の遺伝子変異について、患者の皮膚細胞自体に変異が生じていた可能性があり、医学的には移植しても危険性は非常に小さいと考えているものの、患者のゲノムの変化をどう評価するかの議論がまだ十分でなく、社会的コンセンサスが得られていないことを考慮し、慎重を期して中止を決めたのだとか。

今後は、移植に使う網膜細胞の作製には、京都大iPS細胞研究所が備蓄を進めている安全性の高い、他家iPS細胞(他人に移植しても拒絶反応が起きにくい特殊な免疫を持つ人の細胞から作成したiPS細胞)を利用できるように臨床研究の計画を変更した上で、2年以内の移植手術を目指しているようです。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : iPS細胞

このページの先頭へ