ヒトiPS細胞から花粉症の原因となる肥満細胞の作製に成功

花粉症を発症している人の体内に花粉などのアレルゲンが侵入すると、病原菌などから体を守る役割を果たしている「肥満細胞(※)」がアレルゲンにくっつき、ヒスタミンやロイコトリエンなどの化学物質を放出します。

目のかゆみや鼻炎などのアレルギー反応は、これらの化学物質によって引き起こされており、花粉症の症状の大半が目と鼻に出る理由は、目と鼻の粘液にこの肥満細胞が多く存在するからなのです。

つまり、この肥満細胞こそが、花粉症を引き起こしている原因に他なりません。

(※) ちなみに、マスト細胞とも呼ばれている肥満細胞は、「肥満」という名前がついていますが、肥満とは関係がありません。アレルゲンによる刺激によって、細胞がどんどん膨張することから名付けられたものです。

iPS細胞で実際の肥満細胞に近いものを再現

そして今回、国立研究開発法人「医薬基盤・健康・栄養研究所」の研究チームは、花粉症の原因となっているこの「肥満細胞」を、ヒトiPS細胞から作製することに成功しました。

これまでにも、iPS細胞を使って肥満細胞を作る研究はありましたが、今回は実際に肥満細胞にくっついた抗体を刺激することで、ヒスタミンなどの複数の化学物質の放出も確認できるなど、より実際の肥満細胞に近いものを作製することに成功したのだとか。

花粉症の発症メカニズムについては、依然として不明な点が多いとされていますが、発症原因となる肥満細胞をシャーレ上で再現することができた今回の研究成果は、新しい治療法や新薬の開発に繋がると期待されています。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : iPS細胞

このページの先頭へ