タンパク質「PEDF」にiPS細胞だけを死滅させる効果を確認

一般にiPS細胞による再生医療は、iPS細胞を移植の目的となる適切な細胞に誘導し、培養することにより得られた細胞群が移植の対象となります。その際、移植に供される細胞群の中に、iPS細胞がうまく分化できずに残ってしまった場合、後にがん化を引き起こす原因となると考えられており、それがiPS細胞による再生医療の大きな課題の一つとなっていました。

iPS細胞移植の安全性を高める2つの技術

今回、先端医療振興財団や国立医薬品食品衛生研究所などの研究グループは、iPS細胞の細胞死を誘導するタンパク質「PEDF」を、世界で初めて確認しました。つまり、移植のために培養された細胞群の中にあって、適切に分化できずに残存しているiPS細胞だけを死滅させることが可能になるわけです。

さらに同研究グループは、移植前の細胞群の中に、iPS細胞が残っているかどうかを好感度で検出する技術も開発しており、この2つの技術を活用することにより、必要な細胞を生存させながら、iPS細胞によるがん化のリスクを抑制することが可能となることから、iPS細胞の移植の安全性をより高めることができると期待されています。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : iPS細胞

このページの先頭へ