培養液に添加するだけで未分化のiPS細胞を死滅させる薬の開発に成功

つい先日は、iPS細胞の培養過程において、数%の確率で不可避的に発生する不良細胞を、優秀な技術者に匹敵するほどの高い精度でもって、自動的に選別する装置の開発に成功したというトピックスを取り上げました。

iPS細胞の全自動選別装置を開発!再生医療の実用化に大きな一歩

今回、産業技術総合研究所と和光純薬工業からなる研究チームにより、移植用に作製される細胞群の中から、培養液に添加するだけで、移植後にがん化の原因となる未分化のiPS細胞やES細胞だけを、選択的に除去することのできる薬が開発されました。

こうした未分化な状態のiPS細胞やES細胞が混ざったままの移植用細胞群を移植してしまうと、それらが移植後に無秩序に増殖するなどして腫瘍を形成する可能性があります。

そのため、移植用の細胞群からこうした不良細胞を取り除く必要があるのですが、従来の方法では1つ1つの細胞に解離して処理する必要があったため、処理速度が遅く、正常細胞の生存にも悪影響を与える可能性がありました。

培養液に添加するだけで不良細胞を死滅

研究チームは、iPS細胞やES細胞の表面にある糖鎖に着目し、この糖鎖と結合するあるタンパク質が、結合後に細胞内に取り込まれるという現象を発見しました。

そこで、細胞内に取り込まれると細胞死を引き起こす毒素をそのタンパク質に融合させた薬を開発し、これを培養液に添加するだけで、正常に分化した細胞には影響を与えることなく、約24時間で未分化なiPS細胞やES細胞だけを完全に死滅させることに成功したのだとか。今後は1年以内の実用化が予定されています。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : iPS細胞

このページの先頭へ