飲酒中のL-システイン服用で胃がん予防!胃液中のアセトアルデヒドを抑制

つい先日は、舌の上に白い苔のように付着している”舌苔”と呼ばれる舌の汚れが、発がん物質である”アセトアルデヒド”を発生させる原因となっている可能性を示した研究成果を取り上げました。

舌の汚れから発がん性物質”アセトアルデヒド”が発生していることが判明

アセトアルデヒドは舌の汚れ以外にも、飲酒によって体内に取り込まれたアルコールが肝臓で分解される際にも発生し、特にこのアルコール代謝によって発生するアセトアルデヒドは、WHO勧告で明確な発がん物質とされています。

つまり、胃がんの原因には、最近何かと話題のピロリ菌やストレス、喫煙など、様々な要因が挙げられていますが、飲酒により胃粘膜がアルコール代謝の過程で発生する高濃度のアセトアルデヒドに暴露することも、大きな一要因と捉えられているのはこのためです。

L-システインが胃液中のアセトアルデヒドの増加を抑制

今回、東北大学の研究チームによって、飲酒時に非必須アミノ酸である L-システインを服用することによって、アルコール摂取後のアセトアルデヒドの増加が顕著に抑えられることが確認されました。

また、徐放性L-システインを服用した場合、ALDH2活性型では67%、ALDH2不活性型では60%の胃内アセトアルデヒドの低下が観察され、その効果は2時間持続することも確認されたという。

ごく簡単に解説すると、”ALDH2”とは、アセトアルデヒドを酢酸に代謝する分解酵素ですので、”ALDH2活性型”とはアセトアルデヒドを分解する酵素の働きが強い人(お酒が強い人)で、”ALDH2不活性型”とは、同酵素の働きが弱い人(お酒が弱い人)です。

つまり、飲酒中にL-システインを服用することで、胃液の中のアセトアルデヒド濃度が”お酒の強い人”で67%”お酒の弱い人”でも60%も低下し、しかも、服用してから徐々に溶け出すタイプのL-システイン剤の服用により、その効果が2時間も持続することが確認されたわけです。

今回の研究成果により、飲酒時にL-システインを服用することで、胃がんの発症を予防しうる可能性が示されたわけですが、アセトアルデヒドは二日酔いの原因物質としてもよく知られているので、二日酔い予防にも高い効果が期待できそうです。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : がん治療・がん研究全般

このページの先頭へ