厚労省が”健康寿命”を発表!健康寿命と平均寿命について

厚生労働省は2013年度における男女の”健康寿命”を公表しました。健康寿命とは、健康上の何らかの問題により日常的に介護を必要とすることなく、自立した生活ができる期間で、平均寿命から”健康ではない期間”、つまり介護が必要で日常生活に制限のある期間を差し引くことにより算出されます。

今回発表された2013年度における男女の”健康寿命”は次の通り。

  • 男性 : 71.19歳
  • 女性 : 74.21歳

実は厚労省がこの”健康寿命”を算出したのは今回が二度目で、過去にも一度、2012年に2010年時点の健康寿命を算出しています。その時に公表された男女別健康寿命のデータは次の通り。

  • 男性 : 70.42歳
  • 女性 : 73.62歳

つまり、2010年から2013年の間の3年間で、男性は0.77歳、女性は0.59歳と、ともに健康寿命を延ばしていることになりますね。とは言え、これを平均寿命との比較で見ればどうでしょうか?

2013年度における男性の平均寿命は80.21歳、女性は86.61歳で、平均寿命と健康寿命の差は次の通りです。

  • 男性 : 9.02歳
  • 女性 : 12.4歳

と、まだまだ男女ともに大きく開いているのが現状のようです。これから超高齢化社会を迎える我が国において、平均寿命と健康寿命の大きな差を少しずつでも埋めていくことが喫緊の課題だと言えますね。

政府は東京オリンピックが開催される2020年までに、健康寿命を1歳以上延ばすことを目標に掲げています。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : トピックス

このページの先頭へ