既存サプリメントの成分が腰痛の原因「椎間板変性」を抑制

腰痛を引き起こす原因の一つに「変形性腰椎症」があります。腰が重い、だるいなどの鈍い痛みがその主な症状で、現在、日本国内に推定で約3800万人もの患者がいるとされています。

変形性腰椎症では、脊柱を構成している一つ一つの骨の間にあって、背骨のクッションの役割を果たしている軟骨組織である「椎間板」が、ほぼ必ず加齢などを原因として潰れたりして傷む「椎間板変性」を伴っています。

この椎間板変性は、腰痛症の原因の一つとされていますが、これまでの研究では、この椎間板変性を抑制する有効な治療薬は発見されていませんでした。

抗酸化剤「N-アセチルシステイン」が椎間板変性を抑制

ところが今回、慶應義塾大学の研究グループは、アンチエイジングのサプリメントなどによく使用されている成分である、抗酸化剤「N-アセチルシステイン(NAC)」に、この椎間板変性を抑制する効果があることを、ラットを使った動物実験で明らかにしました。

今回本研究グループは、椎間板変性に酸化ストレスが関与していることを明らかにし、さらに、椎間板変性モデルラットを作成し、それらに抗酸化剤NACを経口投与することで椎間板変性の進行が抑制されることを見出しました。

しかも、ラットへの「N-アセチルシステイン」の投与量は、ヒトに換算してもサプリメントとしての内服量とほとんど変わりなかったのだとか。また、「N-アセチルシステイン」自体、現在多くのアンチエイジング対策サプリメントとして使用されている、副作用の少ない安全な成分です。

今回の研究成果は、まだマウス実験段階ではありますが、その意味でも大きな可能性を感じると言えますね。将来的に、椎間板変性をはじめとする腰痛症の新たな治療薬や予防薬として大いに期待されています。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : 腰痛

このページの先頭へ