皮膚がんの早期発見スキャナー開発!ヒントはバナナの黒い点

バナナは熟すと皮の表面に小さな黒点が現れますが、この現象は” チロシナーゼ ”と呼ばれる酵素の働きによるもので、この酵素はバナナの皮だけでなく、ヒトの皮膚にも存在します。

特に、このチロシナーゼは、皮膚がんの中でも致死率の高いメラノーマと呼ばれる悪性黒色腫の患者に多く見られ、その分布や拡散状況ががんの進行に従って変化することがわかっていました。

より具体的には、最も早期の第1ステージでは、このチロシナーゼはあまり見られないのに対して、第2ステージではチロシナーゼが少しずつ均等に広がりを見せ、第3ステージに至ると不均等に拡散するのだとか。

ちなみに、メラノーマが第1ステージで発見できた場合の生存率が95%と高いのに対して、他の器官に転移を始める第3ステージ中期になると、その生存率は43%にまで激減します。

そこで、スイスの物理・分析電気学研究所の研究チームは、このチロシナーゼが信頼性の高い皮膚がんのマーカーになりうると考え、その量とその分布状況を調べることができる、皮膚がん用のスキャナーを開発しました。

このスキャナーは柔軟性のあるクシ状の微小電極8本を皮膚に当てるだけなので、これまでの組織検査とは異なり、非侵襲的な(痛みのない)検査が可能となり、患者の生存率上昇が期待できることはもちろん、将来的には、がん細胞の破壊にも利用できる可能性もあるようです。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : がん治療・がん研究全般

このページの先頭へ