たった1回の血液検査で13種類のがんを早期診断できる未来がすぐそこに

がんは死因トップ!でも早期発見できれば怖くない

現在、日本人の死因のトップは”悪性新生物”、すなわち「がん」です。2013年にがんが原因で亡くなった人は36万5千人と、死因第二位である心疾患の19万7千人を大きく上回っています。

これらはがんの恐ろしさを物語っている数字ですが、その一方で、がんは早期に発見することさえできれば、何ら恐れる必要のない病気であることも事実なのです。

そんな”がんの早期発見”が、血液検査によって簡単に行えるようになる未来が、そう遠くない将来、実現するかも知れません。

がんを早期発見できる次世代診断システム

今回、国立がん研究センター主導の下、乳がんや胃がん、大腸がんなど、日本人に多い13種類のがんを、なんと1回の採血で発見できる次世代がん診断システムの開発プロジェクトが発足しました。国内の複数の研究機関や企業が共同して開発に当たります。

血液や唾液、尿などの体液に含まれ、これまでは遺伝子のゴミと考えられていた”マイクロRNA”が、その種類や量など、がんの種類や進行度に応じて特有の傾向があることが分かりました。

その傾向を分析することにより、どこのがんを発症し、どの程度進んでいるのかまで把握することができるのだそうです。

5年以内に実用化!まずは乳がんから

国立がん研究センターでは6万5千人分のがん患者の血液を分析することにより、その”マイクロRNAの傾向”を詳細に分析し、5年以内の実用化を目指しているとのことです。

まずは研究が先行している乳がんから着手されるようですが、既に乳がんでは特定のマイクロRNAを調べることにより、9割以上の正確さでがんを判定できたという研究成果も出ているようですので、実用化はもう少し早いかも知れません。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : がん治療・がん研究全般

このページの先頭へ