心臓の小さな穴をふさいで片頭痛を改善!6月より岡山大で新治療法を開始

主に頭の片側のこめかみから目にかけて、”ズキンズキン”と脈打つように痛む片頭痛は、その他の頭痛の中でも日常生活に及ぼす支障が大きく、15歳以上の日本人の約1割が、繰り返す片頭痛に悩まされていると言われています。

そんな片頭痛もちの人の半数近くの人は、心臓内の壁にあいた”卵円孔”と呼ばれる数ミリ程度の小さな穴があり、その穴を通して、静脈内の特殊な物質が肺を通過せずに脳動脈に達することが、片頭痛を発症する原因の一つと考えられています。

カテーテルで心臓の小さなな穴をふさぐ

今回、岡山大学病院は、国内で初めて、片頭痛を緩和することを目的とした治療として、この心臓にあいた小さな穴を、カテーテルを用いて塞ぐ新しい治療を開始すると発表しました。従来の治療法では改善しなかった16~69歳の患者が対象で、足の付け根の血管から細い管を入れ、心臓の中で金属の網を広げて穴を塞ぐと言うものです。

実際、岡山大病院で、脳梗塞の再発防止を目的に、この心臓の小さな穴をふさぐ治療をした 38人中、19人もの人が片頭痛をもっており、そのうちの 13人が、治療後に片頭痛が消え、さらに 5人は片頭痛の症状が軽くなったのだとか。

但し、この新しい治療法は自由診療として行われ、治療費は約130万円で、全額自己負担の上、治療の結果たとえ効果がなかった場合でも返金はされないとのことです。

15~25%の人は卵円孔があいたままに

”卵円孔”とは、お母さんのお腹の中にいる胎児期に、胎盤から供給される酸素を含んだ血液を、右心房から左心房を経て全身へ送る機能を果たしているもので、通常は出生後に自然に閉じる穴です。

ところが出生後も閉じることなく、心臓に小さな穴があいたままになっている人も少なくなく、成人の15~25%にも及ぶとの推測もあります。とは言え、多くの場合は、この”卵円孔”をふさがなくても生活に支障が出ることはないのだとか。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : 頭痛

このページの先頭へ