不妊治療「ミトコンドリア自家移植」の臨床研究で国内初の妊娠を確認

注目の不妊治療「ミトコンドリア自家移植」とは、”細胞内のエネルギー工場”とも呼ばれているミトコンドリアを、卵巣組織の細胞から抽出し、これを体外受精の際に、精子とともに卵子に注入することで卵子を活性化し、若返らせることによって体外受精の成功率を高めるというものです。

元々は米国企業が中心となって開発した手法ですが、昨年12月、日本産科婦人科学会の倫理委員会が、この新しい不妊治療法について、臨床研究として実施することを承認した旨のトピックスを取り上げていました。

卵子にミトコンドリア移植で若返り!新不妊治療法の臨床研究 承認へ

国内初の臨床研究の結果が発表されました

そして今回、この臨床研究の実施を承認された大阪市の不妊治療施設グループにより、この新しい不妊治療「ミトコンドリア自家移植」を実施した結果、被験者のうち2人が妊娠に成功したとの発表がありました。もちろん国内初の成功例です。

今回の臨床研究を実施した「HORACグランフロント大阪クリニック」の森本義晴院長によると、今年2月から、過去に不妊治療を受けても妊娠しなかった27~46歳の女性25人に対して行われ、そのうち27歳と33歳の2人の女性が妊娠に至ったのだとか。

一方で、有効性や安全性を懸念する声も・・・

但し、今回の妊娠が、新治療法「ミトコンドリア自家移植」による効果かどうかは不明で、そもそも、なぜミトコンドリアの移植で卵子の質が改善するかすらよくわかっていないのが現状のようです。

また、ミトコンドリアには”生物の設計図”とも呼ばれるDNAも含まれることから、生まれてくる子どもに予期せぬ遺伝的影響がないとも言い切れず、不妊治療として実施する前に、基礎研究により科学的根拠を確かめる必要性を説く意見があることも事実です。

世界では約30人の赤ちゃんがミトコンドリア自家移植で誕生

とは言え、現在、何らかの不妊治療を受けている人は、全国で50万人に及ぶとも言われています。まさに出口が見えず、つらい不妊治療に耐え忍んでいる方にとっては、新たな希望の光をともす報告だと言えるのではないでしょうか。

ちなみに、この「ミトコンドリア自家移植」を開発した米国の企業によると、海外では2015年以降、カナダなど3ヶ国で270例以上実施され、約30人の赤ちゃんが誕生しているそうです。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : 不妊治療

このページの先頭へ