赤ちゃんのアトピー性皮膚炎を保湿剤で予防!発症率3割減

初めてアトピー性皮膚炎の予防効果を証明

生後間もない赤ちゃんの皮膚に保湿剤を毎日塗ることで、アトピー性皮膚炎になるリスクを32%も軽減することができたとする研究成果が発表されました。一度発症してしまうと完治が難しいとされるアトピー性皮膚炎に対して、特定の方法に予防効果があると証明できたのは、今回が初めてなのだとか。

アトピー性皮膚炎には様々な要因がありますが、遺伝も一つの大きな要因と考えられています。そこで、国立成育医療研究センターの研究グループは、遺伝的にアトピーの発症リスクが高いと考えられる新生児を対象に次のような実験を行いました。

両親や兄弟など家族内にアトピー性皮膚炎の患者がいる新生児118人を、1日1回以上全身に保湿剤を塗るグループと、皮膚が乾燥した部分にのみワセリンを塗るグループという2つのグループ分け、8ヶ月後にアトピー性皮膚炎の発症率を比較した結果は次の通りです。

保湿剤を塗った赤ちゃんのグループでは19人がアトピー性皮膚炎になったのに対し、ワセリンを塗ったグループは28人で、保湿剤には発症のリスクを32%抑える効果があると証明できたとしています。

使用する保湿剤とタイミングについて

ちなみに、実験の中で1日1回全身に塗布された保湿剤は、一般の薬局などで売られている保湿剤で、赤ちゃん用の低刺激な保湿剤であれば、市販されているごくごく一般的なもので良いのだそうです。

また、繰り返しになりますが、アトピー性皮膚炎は一度発症すると完治が難しいとされています。かゆみが出てしまってからでは遅いので、特に家族内にアトピー患者がいるなど、発症リスクが高いと考えられる赤ちゃんに対しては、皮膚の状態が正常な段階で保湿剤を使っておくべきだと言えますね。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : アトピー性皮膚炎

このページの先頭へ