つわりに胎児保護作用の可能性!流産などリスクを50~75%低減

” つわり ”は妊娠によりあらわれる吐き気や嘔吐などの不快症状で、妊娠初期の妊婦さんの50~80%が経験するとされています。

つわりは、多くの妊婦さんにとって非常についらい生理的現象ですが、その一方で、妊婦さんと生まれてくる赤ちゃんにとっては、悪いことばかりではないようです。

これまでにも、つわりのある妊婦さんは、そうした症状のない妊婦さんに比べると、流産や早産、出生異常などの確率が低く、さらに赤ちゃんの良好な長期的発育につながる可能性が複数の研究により示されていましたが、今回、そんなつわりのメリットを示す最新の報告がありました。

つわりに妊娠損失リスク低減の可能性

米国立小児保健・人間発達研究所の研究チームが、797人の妊婦さんを対象にした研究の結果、” つわり ”は、流産や死産、早産などの妊娠損失のリスクを50~75%低減している可能性が示されたのです。

つまり、主に妊娠早期に見られる吐き気や嘔吐といった生理的現象に、胎児保護作用がある可能性を示唆する結果だと言えますね。

つわりに苦しむ妊婦さんの心のよりどころに

妊婦さんやそのご家族の中には、つわりで食事が喉を通らない状況では、赤ちゃんが健康に育たないと考えている人もいるようですが、食べられないことをそんなに気にする必要はなさそうです。

むしろ強いつわりに見舞われる妊婦さんほど、流産や死産、早産などのリスクが低くなる可能性を示した今回の研究成果は、つわりに苦しむ妊婦さんにとっては、心のよりどころとなるのではないでしょうか。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : 妊婦さん

このページの先頭へ