母乳で育った乳児が肥満になりにくいメカニズムを解明

脂肪を燃焼させる遺伝子を活性化

母乳に含まれる脂質は乳児の栄養成分として重要なだけでなく、実は成人になってからの健康にも深く関わっている可能性が明らかになりました。

今回、東京医科歯科大の研究チームは、母乳に多く含まれる栄養成分である脂質が、脂肪を燃焼させる働きのある遺伝子を活性化する仕組みをマウス実験で解明しました。

母乳で育った子供が、肥満などの生活習慣病になりにくい可能性が示されたようです。

これまで母乳で育つと肥満になりにくく育つということは、一般に言われていたようですが、これがどう言う仕組みでそうなっているのかについて、マウス実験レベルではありますが、遺伝子レベルでのメカニズムを解明した貴重な研究成果だと言えますね。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : 赤ちゃんの健康

このページの先頭へ