世界初!1つの神経細胞だけでも記憶可能なことを実験で確認

記憶や学習の仕組みには様々な仮説がありますが、これまでの研究では、「ニューロン」と呼ばれる神経細胞から延びるシナプスが、別の神経細胞と結びつくことで形成されるとする考え方が最も有力でした。

ところが今回、名古屋大の研究チームは、この従来の定説とは異なり、1つの神経細胞だけでも記憶が形成されることを、神経細胞の研究でモデル生物として使われる線虫を使った実験で確認しました。

線虫は飼育された温度を記憶する性質があることから、線虫の受精卵から温度感知に関わっている神経細胞だけを分離し、一定の温度で慣らした後、低い温度から徐々に上げていったところ、次のような結果が得られたのだとか。

単体の細胞でも、慣らされた温度になると活発化することを確認。分子レベルの解析により、この細胞の中で記憶形成に重要なタンパク質も特定した。

単体の神経細胞だけで記憶が形成されうることを、実際の実験で裏付けたのは世界で初めてのことで、線虫の神経細胞に見られた機能が、ヒトの神経細胞にも見られるかについては現時点ではわかりませんが、少なくとも従来の神経研究に一石を投じる結果と言えます。

今回の研究成果は、神経の複雑なネットワークが対象だと難しかった神経疾患などの新しい治療法や治療薬の開発に繋がる可能性があると期待されています。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : その他の脳疾患

このページの先頭へ