老化を抑える話題の物質「NMN」を遂にヒトへ!来月にも臨床研究スタート

老化を抑制する可能性があるとして、近年大きな注目を集めいているサーチュイン遺伝子ですが、米ワシントン大の今井眞一郎教授らの研究により、ビタミンB3から作られる物質「ニコチンアミド・モノヌクレオチドNMN)」(※)に、このサーチュイン遺伝子を活性化する働きがあることがわかってきました。

実際、マウス実験レベルでは、この「ニコチンアミド・モノヌクレオチド(NMN)」を投与することで、老化によって硬くなった血管が柔らかくなったり、低下した目の機能が改善されることなども確認されていました。

そして今回、慶応大と米ワシントン大の研究チームは、このニコチンアミド・モノヌクレオチドNMN)」をヒトに対して投与し、その安全性や効果の有無を調べる臨床研究を、来月にも日本国内で開始する計画を明らかにしました。

近く、慶応大の倫理委員会により臨床研究の妥当性などが審査され、これが承認されれば、まずは10人程度の健康な人への投与で安全性を確認した後、数年かけて「ニコチンアミド・モノヌクレオチド(NMN)」による機能改善効果の有無やその程度が調べられることになります。

(※)「ニコチンアミド・モノヌクレオチド(NMN)」は、人体を構成する細胞を修復するために必要な物質で、もともと人間が体内に有しているものですが、加齢によって減少することがわかっています。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : 臨床研究

このページの先頭へ