子どもの目の前での喫煙は幼児の虫歯リスクを倍増させる

受動喫煙によって心筋梗塞や狭心症などの心臓病をはじめ、脳卒中や喘息など様々な病気を発症するリスクが高くなることが知られていますが、特に最近では子どもに対する受動喫煙の弊害に関する報告が相次いで寄せられています。

つい先日も、フランスの研究で、喫煙者がいる家に生まれた子どもは、行動障害を発症する確率がほぼ2倍になるとの報告があったところですが、今回、日本において実施された調査研究において、新たな子どもに対する受動喫煙の弊害が報告されました。

受動喫煙が幼児の虫歯リスクと関連

京都大学の研究チームにより、神戸市で2004~2010年に生まれた76,920人のデータを解析し、生後4ヶ月での受動喫煙の状況と、3歳時点で1本以上の虫歯や歯の欠損、治療歴があるか否かが調べられました。その注目すべき調査結果は次の通り。

家族に喫煙者がいる子は全体の 55.3%おり、家族に喫煙者がいない子に比べて虫歯になる可能性が 1.46倍になった。特に、面前で吸われる環境にあった子では 2.14倍に高まったという。

つまり、家族の中に喫煙者がいる家に生まれた子どもは、家族に喫煙者がいない子どもに比べて、3歳までに虫歯になる確率が約1.5倍なっていること、さらに、家庭内の喫煙者が子どもの前でも喫煙している場合は、その確率が2倍以上にも跳ね上がるとが明らかになりました。

これまでの研究でも、受動喫煙によって唾液の成分が変化し、虫歯の原因菌が集まって歯垢や虫歯ができやすくなる可能性が示唆されていましたが、今回の研究成果は、これを裏付ける形となったようです。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : 喫煙習慣・飲酒習慣

このページの先頭へ