出産後の胎盤摂取による恩恵に科学的根拠がないことが判明

哺乳動物が妊娠時に胎児に栄養を供給し、胎児の血液から老廃物を除去するために作られる子宮内の器官を「胎盤」と言います。

哺乳類の多くが出産後に胎盤を食べることから、人間も生や調理された胎盤、もしくは胎盤から有効成分のみを抽出した胎盤エキスである「プラセンタ」のサプリメントなどを摂取することで、一部に次のような効果があると謳われています。

  • 産後うつの防止
  • 出産後の痛みの軽減
  • 母乳の分泌促進
  • アンチエイジング効果
  • 鉄分の補給など

胎盤摂取の効果を科学的に裏付けるデータ存在せず

ところが今回、アメリカの専門家チームが、これまでに発表された出産後における胎盤摂取の健康効果に関する10件の研究論文を精査した結果、上記のような出産後の胎盤摂取による様々な恩恵を裏付けるヒト及び動物のデータは存在せず、何の科学的根拠も存在しないことが判明しました。

胎盤摂取をめぐっては、この数年間で流行が急激に拡大しているようですが、実はそこには科学的な裏付けが乏しく、ただブログやウェブサイトなどを通じて、恩恵を受けたと感じた女性達からの主観的な報告や、それを取り上げるマスコミ報道などを通じて、広まっているに過ぎない可能性が出てきたようです。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : 妊婦さん

このページの先頭へ