成人型アトピー性皮膚炎に有効なビフィズス菌を初めて確認

人に良い影響を与える微生物、いわゆるプロバイオティクスについての乳幼児のアトピー性皮膚炎への効果は、今まで多くの報告が寄せられています。

ところが、プロバイオティクスの難治化した成人型アトピー性皮膚炎への有効性が確認されたという報告はこれまでありませんでした。

難治化した成人型アトピー性皮膚炎に有効なプロバイオティクス

ところが今回、協同乳業によって、ビフィズス菌「LKM512」が難治化した成人型アトピー性皮膚炎のかゆみ症状とQOL(生活の質)を改善することが確認されました。

さらに、臨床試験で顕著な症状改善が確認された被験者の糞便内代謝物を解析したとろ、別のラット実験でかゆみの抑制作用が報告されている”キヌレン酸”の増加も確認できたのだとか。

ビフィズス菌「LKM512」は、難治化した成人型アトピーに対して有効性が確認された初めてのプロバイオティクスということになりそうです。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : アトピー性皮膚炎

このページの先頭へ