ソーセージやハムなどの加工肉は大腸がんリスクを高める

国連の国際がん研究機関は26日、ソーセージやハム、ベーコン、コンビーフなどの加工肉について、発がん性を示す十分な証拠が得られ、大腸がんの原因となると結論づけた調査結果を発表しました。

これは国際がん研究機関が、世界中の800件の研究を精査した結果得られた結論であり、より具体的には、毎日50グラムの加工肉を消費すれば、大腸がんの発症リスクが18%高くなること、加工肉の摂取量が増えるに従って、大腸がんリスクも増大することなどが確認されたのです。

加工肉の発がん性の評価は最高レベル

世界のがん死亡患者のうち年間約3万4000人が、加工肉の多い食生活が原因でがんを発症したとされています。この数字は喫煙を原因とするがん死亡者数の100万人、アルコール摂取の60万人、大気汚染の20万人に比べると少ないものの、国際がん研究機関による発がん性の評価は5段階で、加工肉のそれは、喫煙やアスベストなどと同じく最も高いレベルとされています。

国際がん研究機関によると、加工肉が発がんリスクを高める仕組みについては、まだ完全に解明されていませんが、加工や調理の過程で生じる化学物質が何らかの影響を及ぼしている可能性が示唆されています。

日本人の一般的な消費レベルであれば大丈夫

健康に安全な加工肉の摂取量がどの程度であるのかを示すデータは、残念ながら現時点ではまだありません。欧米人に比べると肉類の消費が少ない日本人の一般的な消費レベルであれば、大腸がんリスクには影響しないとの指摘もありますが、いずれにしても加工肉の食べ過ぎは控えた方が良さそうですね。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : がん治療・がん研究全般

このページの先頭へ