インスリン分泌を抑制するたんぱく質を破壊して血糖値低下!糖尿病の新薬開発に期待

体内に存在する、ある特定のたんぱく質を破壊するだけで、インスリンの効果が高まり、血糖値を下げることができる可能性が、マウス実験ではありますが確認されました。

この研究成果を発表したのは岡山大と九州大などの研究グループで、ターゲットとなる”特定のたんぱく質”とは、同グループが2008年に発見した「VNUTブイナット)」と呼ばれる物質で、細胞間で情報を伝達する分子の分泌を促す重要な役割を果たしているたんぱく質なのだとか。

インスリンの抑制に関与するたんぱく質を破壊したところ…

糖尿病はインスリンの分泌が不足したり、その働きが悪くなることによって血糖値が上がってしまう病気ですが、この時、”インスリンの分泌を抑制せよ”との情報を伝達する分子が存在し、たんぱく質VNUT(ブイナット)がこの分子の分泌を促していると考え、研究グループはVNUT遺伝子を破壊したマウスで実験を行いました。

その結果、”インスリンの分泌を抑制せよ”との情報を伝達する分子の分泌が無くなり、それによりインスリンの分泌量が上昇し、血糖値の低下を確認することができたのだとか。

まだマウス実験レベルの研究成果ではありますが、たんぱく質VNUTの破壊による低血糖などの副作用も確認されておらず、このたんぱく質の働きを阻害する化合物などが見つかれば、体への負担が少ない糖尿病の新薬開発に繋がる可能性が期待されています。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : 糖尿病

このページの先頭へ