逆流性食道炎や胃潰瘍の薬で認知症リスク上昇の可能性

胃潰瘍や十二指腸潰瘍、逆流性食道炎などの治療のために、胃酸の分泌を抑える胃酸抑制薬として現在広く使用されている「プロトンポンプ阻害薬PPI)」の副作用に関する最新のトピックスです。

胃酸の分泌を抑制する薬と言えば、「H2ブロッカー(ヒスタミンH2受容体拮抗薬)」が馴染み深いと言えますが、このプロトンポンプ阻害薬はH2ブロッカーよりも強力な作用を有し、かつ、効果も長時間持続することから、高齢者に対する使用も増えているようです。

しかしその一方で、このプロトンポンプ阻害薬には、認知機能の低下に関連する可能性が以前より指摘されており、今回、ドイツの研究チームにより、認知症のない75歳以上の高齢者 73,679人の健康保険データを前向きに追跡調査した研究成果が発表されました。その具体的な分析結果は次の通りです。

7万3,679人のうち,PPI定期使用は2,950人(女性77.9%,平均年齢83.8歳)で,非使用者は7万729人(女性73.6%,平均年齢83.0歳)であった。

追跡期間中に認知症を発症したのは,全体で2万9,510人で,PPI定期使用群の認知症発症リスクは,非使用群と比べ有意に高かった(ハザード比1.44,95%CI 1.36~1.52,P<0.001)。

つまり、プロトンポンプ阻害薬(PPI)を定期的に処方されている高齢者は、同薬を服用していない高齢者に比べて、認知症を発症するリスクが 1.44倍高いことがわかったのです。

また、患者に処方されたプロトンポンプ阻害薬の種類別でも解析が行われており、主なプロトンポンプ阻害薬の種類別ハザード比は次の通り。

PPIの種類 認知症リスク
オメプラゾール 1.51
パントプラゾール 1.58
エソメプラゾール 2.12

特に、エソメプラゾール(日本での商品名は「ネキシウム」:第一三共)のハザード比が高くなっているようです。

認知症の高リスク者への長期投与は避けるべき

プロトンポンプ阻害薬は非常に優れた薬剤ではありますが、今回の研究成果を受けて、特に認知症リスクの高い高齢者の長期的な服用は避けるべきかも知れませんね。

治療を目的としてプロトンポンプ阻害薬(PPI)を使用する疾患には、前述の通り胃潰瘍や十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、ピロリ菌除菌治療などがありますが、これらの中でも特に注意しなければならないのは、長期投与が認められている逆流性食道炎だと考えられます。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : 副作用

このページの先頭へ