トラウマ体験直後に「テトリス」のプレイでPTSDを予防できる可能性

震災などの自然災害や交通事故、暴力的な犯罪被害など、トラウマになるような衝撃的な出来事を経験したり目撃した直後に、単純なコンピュータゲームである「テトリス」をプレイすることで、その後のPTSD(心的外傷後ストレス障害)を予防できる可能性が示されました。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)は、強烈なショックや精神的ストレスが心のダメージとなって、時間が経ってからも繰り返し記憶によみがえり、その経験に対して強い恐怖を感じるものです。

これまでの研究でも、トラウマとなる出来事の数時間後から数日以内に介入すれば、恐怖の記憶が脳に焼き付くのを防止できる可能性は指摘されていましたが、テトリスのような単純なゲームを使って実際の患者を対象に実験を行ったのは今回が初めてのことなのだとか。

テトリスのように想像力と視覚を使うゲームをすれば、脳が2つのことを同時に処理できず、衝撃的な出来事の記憶が固定されるのを防止できたのではと考えられています。

スウェーデン・カロリンスカ研究所の研究チームは英国で自動車事故に遭って集中治療室に入院した患者71人を被検者として、半分には通常のけがの治療を受けてもらい、残る半数には事故から6時間以内にテトリスの遊び方を教えて自分でプレイしてもらった。

その後1週間の経過を観察して比較したところ、テトリスをしたグループは、事故の記憶がよみがえるフラッシュバック現象が起きる頻度が平均で62%少なかった。「2日たつとほぼゼロに近づいた」と研究者は説明する。

但し、今回の研究では被験者の数が71人と十分とは言えず、今後は規模を拡大するとともに、「テトリス」以外の方法についても研究を進める必要があるとの指摘もあるようです。

とは言え、もしもトラウマになりそうな事件・事故の遭遇してしまったと感じた場合には、とてもそんな気分にはなれないとは思いますが、あえてPTSDの予防策として試してみる価値はあると言えますね。

トラウマになりそうな事件・事故に遭遇した時には、できるだけ早く「テトリス」などの想像力と視覚を使うゲームをしよう!その後のPTSDを予防できるかも知れません。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : その他の脳疾患

このページの先頭へ