記憶に関わる海馬の中のタンパク質を特定!認知症研究に期待

記憶を司る脳の重要器官、海馬

脳の中の”海馬”と呼ばれる部位は、記憶や空間学習能力に関わるとされています。アルツハイマー病を発症した時、最初に異常が見られるのがこの海馬で、脳の中で最も研究が進んでいる部位でもあります。

海馬の細胞の中には、様々なタンパク質が存在しており、そのタンパク質の間を電気信号が行き来することで、記憶が形成され、維持されていると考えられてきました。

記憶に関わるタンパク質を特定!

今回、名古屋大大学院の山田清文教授らの研究グループは、脳の海馬に存在する様々なタンパク質の中の一つ”ガーディン”と呼ばれるタンパク質が、リンと結合することで記憶が形成され、維持されていることをマウス実験で確認しました。

記憶を司る”海馬”の中にあって、記憶の形成や維持に直接関わっているタンパク質を特定した今回の研究成果は、認知症の新薬開発や新たな診断方法に活用できる可能性があると期待されています。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : 認知症・アルツハイマー病

このページの先頭へ