脳卒中による”まひ”がリハビリで改善するメカニズムを解明

脳卒中などによって”まひ”が生じるのは、自己の意思に基づく運動(随意運動)に関わっている大脳の運動野と脊髄を結ぶ神経回路が、脳の損傷によって途中で遮断されるためです。

脳卒中後に実施するリハビリテーションは、損傷を受けた脳の再編成を促進することによって、まひした手足の機能回復を図ることを目的としているものの、その具体的な仕組みについては、これまでは詳しくわかっていませんでした。

リハビリでまひが改善するメカニズムを解明

今回、名古屋市立大の研究チームは、脳卒中後のまひ症状がリハビリによって、運動機能が改善するメカニズムをマウス実験で明らかにしました。その具体的な実験の概要は次の通りです。

脳出血を起こし、まひが生じているマウスに対して、まひした前肢を集中的に動かすリハビリを1週間施した結果、大脳の運動野から「赤核」と呼ばれる脳幹の運動に関わる神経核へ、新たに神経が複数伸びていることを確認。さらに、まひした前肢で台の上に載せた餌をとらせる実験を実施したところ、次のような結果になったのだとか。

成功率はリハビリをしないと19%。リハビリをしたラットでは48%になったが、赤核を通るルートを遮断すると18%まで下がった。

つまり、脳出血後の集中的なリハビリによって、大脳の運動野から赤核へバイパスする神経回路が再編成され、そのことが運動機能の顕著な回復に繋がったと考えられています。この結果を受けて、研究チームは次のような展望を述べられています。

「より効率的なリハビリ法につながる成果だ。電気刺激などで直接この経路を活性化する方法も開発できるかもしれない」

脳卒中後のまひに対するリハビリの辛さは想像を絶するものがあります。もちろん、より効率的なリハビリ法が開発されれば、まひで苦しむ多くの患者さんが救われる可能性があるでしょう。

しかし、リハビリによってまひが改善する具体的なメカニズムが明らかになったことだけでも、現在リハビリに苦しんでいる全ての患者さんに対して、非常に大きな希望を示したと言えるのではないでしょうか。今後のさらなる研究に期待しましょう。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : 脳卒中

このページの先頭へ