ブロッコリーに含まれる”スルフォラファン”にうつ病予防効果を確認

ブロッコリーなどの緑黄色野菜に微量に含まれている話題の成分「スルフォラファン」は、その優れた解毒作用や抗酸化作用により、がん予防をはじめ肝機能の向上、新陳代謝の促進、花粉症抑制、メタボ予防など様々な効果が報告さているファイトケミカルの一種です。

今回、千葉大学社会精神保健教育研究センターらの研究チームは、そんなスルフォラファンにうつ病の予防や再発を防止する効果があることを、マウス実験により突き止めました。

マウス実験の概要は次の通りです。

大きさの違う2種類のマウスを同じケージに入れ毎日10分間、攻撃的な大型マウスに小型マウスをいじめさせ、残りの時間は2匹のマウスを仕切り板で分けて生活させる。

この作業を10日間繰り返すと、人間と似たような「社会的敗北ストレス」が発生し、うつ状態になる。

この実験の後、マウスに普通の水とショ糖が入った甘い水を飲ませると、健康なマウスは70~80%の割合で甘い水を飲むのに対して、うつ状態だと50%程度に減少するのだとか。

ところが、事前にスルフォラファンを注射したマウスの場合、上記の実験によりストレスを与えても、健康なマウスと同等程度の70%近い割合で甘い水を選んだことから、スルフォラファンがうつ病の発症を抑制したと考えることができます。

栄養学的にうつ病を予防できる可能性

今回の研究成果は、副作用の恐れのある薬剤に頼らず、栄養学的にうつ病の予防や再発防止ができる可能性を示すものです。しかも、ブロッコリーなどの緑黄色野菜は一年を通して安価に入手することが可能です。

日々、過度のストレスを抱えて頑張っている人など、精神疾患の発症リスクが高い人は、これらの野菜を日々の食生活の中に積極的に採り入れることで、うつ病予防に繋がる可能性があるのであれば、実践しない手はありませんね。

スルフォラファンを上手に摂取するポイント

ちなみに同じブロッコリーでも、ブロッコリーの種を発芽させたブロッコリースプラウトに含まれるスルフォラファンは、成長した普通のブロッコリーの10~20倍にも及びます。

また、スルフォラファンの抗酸化作用は長時間持続することから、毎日ではなく、3日に1回程度の摂取でも十分に効果が期待できるそうなので、その点でも実践しやすいうつ病予防策と言えます。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : うつ病

このページの先頭へ