がん細胞の栄養補給を断って増殖を抑える新化合物を開発

がん細胞の栄養源であるアミノ酸の補給を断ち、がん細胞の増殖を抑える新たな化合物が開発されました。

大阪大の金井好克教授らの研究チームによる成果で、試験管の中で様々な種類のがん細胞にこの化合物を加えたところ、がんの種類にかかわらずがん細胞の増殖を抑える効果が確認されました。

そもそもがん細胞は、細胞表面にあるタンパク質の” 入り口 ”から、栄養源であるアミノ酸を補給して増殖すると考えられています。

そこで研究チームは、このタンパク質の入り口に結合して、入り口をふさぐことで、がん細胞の栄養となるアミノ酸の補給路を断つことができれば、増殖を抑えられるのではないかと考えたわけです。

チームはこれまでに、様々ながん細胞に共通して存在する「LAT1」と呼ばれる入り口を特定。この入り口を塞ぎ、がん細胞へのアミノ酸の補給を阻む化合物を開発した。

この化合物を、様々な種類のがん細胞に試験管の中で加えたところ、がん細胞の種類にかかわらず、増殖を抑える効果が確認できたのだとか。

さらに、膵臓がんを発症したマウスを使った実験でも、この化合物による効果が確認できたことから、新治療薬の開発を目指して、2018年度にも阪大病院にて臨床試験が開始される見通しです。

研究チームによると、より患者への負担が少ない” 飲み薬 ”として開発する方針で、既存の抗がん剤と併用することにより、より高い効果も期待できるそうです。

  1. がん細胞の栄養源を断ち、増殖を抑える新化合物の開発に成功
  2. がんの種類に関わらず増殖を抑える効果を確認
  3. 将来は飲み薬として、既存の抗がん剤と併用することも可能に
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : がん治療・がん研究全般

このページの先頭へ