「がん」タグの記事一覧

免疫療法「CAR-T細胞療法」を利用して血液がんを狙い撃ち!多発性骨髄腫を治療する新技術を開発

大阪大の保仙直毅准教授らの研究チームは、現在注目を集めている新しい免疫療法「CAR-T細胞療法」を使って、血液のがんの一種「多発性骨髄腫」を治療することにマウス実験で成功しました。2019年度にも医師主導による臨床試験をスタートする計画です。

電子たばこで膀胱がんリスクが上昇する可能性を示す2つの最新報告

従来の紙巻たばこによる喫煙の代替や、禁煙に踏み切るための一時的な手段として電子たばこを使用する人が増えていますが、今回、米国泌尿器学会において、そんな電子たばこの使用により、膀胱がんの発症リスクが上昇する可能性を示唆する2つの研究結果が報告されました。

週57グラム以上のナッツ摂取で結腸がんの再発率42%、死亡率57%低下

米で実施されたステージ3の結腸がん患者826人を対象にした追跡調査の結果、週に57グラム以上のナッツ類を食べた結腸がん経験者は、ナッツ類を食べなかった人に比べて、がん再発率が42%、がんによる死亡率57%低くなっていることがわかりました。

あの線虫を利用した高精度がん検査法「N-NOSE」、2020年にも実用化へ

2015年、線虫の習性を利用した高精度ながん診断技術が大きな話題になりましたが、今回、この技術の生みの親である九州大発のベンチャー企業「HIROTSUバイオサイエンス」と日立製作所が共同研究開発契約を結ぶこととなり、当初想定していたよりもかなり早く実用化される可能性が出てきました。

大腸がんの転移にブレーキをかけるタンパク質を特定

大腸がんの転移を抑える働きをするタンパク質が世界で初めて特定されました。まだマウス実験レベルの成果ですが、このタンパク質「HNRNPLL」の減少を抑える薬剤や方法を開発することができれば、大腸がんの転移を抑制することが可能になるかも知れません。

喫煙本数が1日に30本以上の男性は白血病リスク倍増!国内の大規模研究で判明

国内で実施された大規模調査の結果、喫煙本数が1日30本以上の男性は、たばこを吸わない男性に比べて、急性骨髄性白血病を発症するリスクが倍増することがわかりました。禁煙は、がんや循環器・呼吸器疾患などの予防だけではなく、白血病の予防においても重要ということに…

慢性心不全患者のがん発症リスク1.7倍!心不全予防ががん予防に

今回、国立循環器病研究センターの研究チームにより、慢性心不全の患者はがんを発症するリスクが1.7倍に高まるとの研究結果が発表されました。近年発表された潜在性心不全の患者が意外に多いとの高知大の報告や、心不全予防に関するスウェーデンの報告とからめて…

抗がん剤と超音波と活性酸素で難治性がんをピンポイント攻撃!新しいがん治療法を開発

超音波に反応してがん細胞の毒となる活性酸素を発生させる抗がん剤を使用して、これをがん細胞に集まるように加工した上で患者に投与し、難治性がんをピンポイントで攻撃する新しいがん治療法が、東京女子医科大学の研究チームにより開発されました。この4月にも臨床試験が開始される予定です。

がん細胞の栄養補給を断って増殖を抑える新化合物を開発

がん細胞の栄養源であるアミノ酸の補給を断ち、がん細胞の増殖を抑える新たな化合物が開発されました。既にマウス実験でもその効果が確認されており、2018年度にも人間の患者に対する臨床試験が開始される見通しです。

沖縄の健康果実シークヮーサーに新たに肝機能改善効果を確認

沖縄特産の健康果実として知られているシークヮーサーの果汁に、肝機能改善効果がある可能性が新たに明らかになりました。また、従来より示されてきた脂肪燃焼や血糖値の低下、血圧低下をもたらす仕組みも、実際のヒトの細胞を使って初めて解明されました。

このページの先頭へ