「アミロイドβ」タグの記事一覧

野草から取れる物質「タキシフォリン」にアルツハイマー改善効果を確認

野草のアザミから取れる物質「タキシフォリン」に、アルツハイマー病の原因物質とも目されているアミロイドβの脳血管への蓄積を抑制し、アルツハイマー病の症状を改善させる効果があることがマウス実験で確認されました。

アミロイドβの蓄積をほぼ完全に除去!アルツハイマー新薬「アデュカヌマブ」の驚くべき治験結果

アルツハイマー病の原因の一つとも言われるアミロイドβを標的とする新薬”アデュカヌマブ”を用いた臨床試験で、初期のアルツハイマー病患者の脳内に蓄積したアミロイドβを除去し、実際に認知機能低下の進行を減速させるという、驚くべき効果が確認されました。

アミロイドβの蓄積過程を動画撮影することに成功!アルツハイマー予防や治療に期待

アルツハイマー病の原因の一つとされている、アミロイドβが蓄積する過程を動画撮影することに世界で初めて成功しました。さらに、アミロイドβが蓄積してできる線維の構造が、周囲の環境によって変化することも確認。このことが意味することとは?

歩行速度が遅い人ほど脳のアミロイドβ蓄積量が多い傾向

フランスの研究チームにより、認知症リスクの高い高齢者128人を対象に、脳内のアミロイドβの状態と歩く速度との関連が調べられた結果、歩く速度が遅い人ほど、脳内のアミロイドβの蓄積量が多く、特に、脳の運動機能に関連する領域に多く蓄積していたことが判明しました。

既存薬にアルツハイマーの原因”タウの凝集”抑制効果を確認

アルツハイマー病は、脳内の神経細胞に”タウ”と呼ばれる異常なタンパク質が集まり、神経細胞が壊れて死んでしまうことで症状が進行するとされています。今回、不整脈やぜんそくなどの治療薬で、そんな”タウの集積”を抑える可能性がマウス実験で確認されました。

アルツハイマー病の原因が真菌の感染である可能性

アルツハイマー病は、アミロイドβなどの原因物質が長い年月をかけて脳内に蓄積することにより発症すると一般的に考えられていますが、今回、スペインの研究チームにより、アルツハイマー病が伝染性の真菌性疾患である可能性、あるいは真菌への感染がアルツハイマー病の危険因子である可能性が示されました。

アルツハイマー病の血液検査、既に4月から実用化!約400の医療機関で

簡単な血液検査だけで、アルツハイマー病の早期発見や、将来発症するリスクを診断する方法が、筑波大学などの研究チームにより開発され、既に4月より自由診療での実用化が始まっており、約400の医療機関で検査を受けることが可能なのだとか。

アルツハイマー病の日本版「DIAN研究」が今秋にもスタート!

東京大や大阪市立大などの研究チームにより、家族性アルツハイマー病の未発症者50~60人を対象に、”日本版のDIAN研究” とも呼べるアルツハイマー病の全国的な臨床研究が今秋より発足することが決まりました。治験薬を投与して効果を確認する臨床試験も行われるようです。

世界初!血液検査で発症前のアルツハイマー病の可能性を診断

アルツハイマー病の原因物質であるアミロイドβが、脳内に異常に蓄積しているかどうかを、簡単な血液検査により判定する方法が、世界で初めて発見されました。アルツハイマー病の予防や新しい治療薬の開発に繋がると期待されています。

このページの先頭へ