「ストレス」タグの記事一覧

月曜日の午前中は心拍数が上昇し、心臓への負担が増大する

特に、月曜日の午前中は、他のウィークデイや休日に比べて心拍数が明らかに増加する傾向があることがわかりました。心拍数の増加は、心臓への負担を示す“ダブル・プロダクト”の上昇に直結するため、心筋梗塞や脳卒中などの心血管事故の発生リスクが高まることを意味しています。

ブロッコリーに含まれる”スルフォラファン”にうつ病予防効果を確認

ブロッコリーなどに含まれている「スルフォラファン」に、うつ病の発症予防や再発を防止する効果があることが判明。まだマウス実験の段階ですが、うつ病の予防が、副作用の恐れのある薬剤に頼らず、栄養学的に可能であることを示す重要な研究成果だと言えます。

”休日の寝だめ”が糖尿病や心血管疾患のリスクを喚起する

”休日の寝だめ”がインスリン抵抗性やBMIの上昇といった代謝障害に関連し、糖尿病や心血管疾患などのリスクを喚起する可能性が示されました。しかも、平日と休日との睡眠スケジュールの違いが大きければ大きいほど、代謝系の健康問題への悪影響が大きくなることがわかりました。

電車やバスによる通勤、実は徒歩や自転車通勤より健康的かも

公共交通機関を利用した通勤はマイカー通勤と比べた場合、過体重や高血圧、糖尿病などのリスクが顕著に低くなることはもちろんですが、驚くべきことに、徒歩や自転車通勤と比べた場合も、健康効果がやや高いことがわかりました。

体内時計を正しく保つためには”適度なストレス”も重要かも

体内時計をリセットするためには”光”と”食事”が重要であると考えられてきましたが、実は”適度なストレス”も、体内時計を正しく保つために重要である可能性が示されました。しかも、適度な運動などで分泌されるアドレナリンを、その適度なストレスに使用できるかも知れません。

女性の急性心筋梗塞リスクが離婚経験2回以上で77%上昇

今回、アメリカの研究で、ストレス要因としての”離婚経験”と急性心筋梗塞発症との関連性について長期に渡って追跡調査した結果、離婚経験が2回以上の女性は、実に77%もの急性心筋梗塞発症のリスク上昇が認められたという驚きの報告がありました。

喫煙でストレス軽減は錯覚?喫煙者のうつ病率は非喫煙者の1.7倍

イギリス在住の40歳以上、約6500人を対象とした調査の結果、現在喫煙習慣のある人が不安神経症やうつ病を発症する確率は、非喫煙者や元喫煙者よりもおよそ70%も高いことが判明しました。

他人に対するネガティブな感情が脳卒中リスクを2倍にすることが判明

他人に対してネガティブな感情を抱くことが、脳卒中の発症リスクを2倍以上もアップさせるという驚きの研究結果が報告されました。また、抑うつ症状や慢性的なストレスも脳卒中リスクを跳ね上げることが明らかになりました。

このページの先頭へ