「脳梗塞」タグの記事一覧

人工甘味料入りダイエット飲料を毎日飲む人は要注意!脳卒中や認知症リスク3倍に

毎日のように人工甘味料を使用したダイエット飲料を飲んでいた人が、脳卒中や認知症を発症する確率は、そのような習慣のない人に比べて約3倍も高くなるとの研究結果が報告されました。

心疾患などのリスクがわかる”赤血球の硬さ”が迅速測定可能に

赤血球は本来非常に軟らかく、極細の毛細血管内でも変形しながら流れるようにできています。ところが食生活の乱れなどが続くと硬くなり、血管を流れにくくなって、様々な病気の原因になることがわかっています。今回、そんな赤血球の硬さを迅速に測定できるマイクロチップが開発されました。

今後10年間の脳梗塞や心筋梗塞リスクがわかる!予測モデルを開発

国立がん研究センターや藤田保健衛生大学などの研究チームは、40~69歳の人が今後10年間に脳梗塞や心筋梗塞を発症するリスクを予測する計算モデルを開発し、現在、インターネット上で公開しています。この予測モデルの真の目的とは?

高周波ホットバルーンを使った心房細動の最新治療がスタート

高い技術が要求されていた従来の心房細動の治療法「カテーテル心筋焼灼術」に比べると、技術的に簡単で、治療時間も大幅に短縮することが可能な、「高周波ホットバルーン」を使った心房細動の最新治療法が筑波大附属病院で始まりました。

パートナーとの死別で心房細動リスク41%増!突然死はさらにアップ

100万人近くに及ぶデンマーク人を対象とした調査の結果、パートナーを亡くしたした人は、そうでない人に比べて、初めて心房細動を発症するリスクが約41%高いことがわかりました。特に、パートナーの死去を予想していなかった場合のリスクは57%と跳ね上がることも…

Muse細胞(ミューズ細胞)移植で脳梗塞マウスの神経機能回復

東北大学の研究チームは、ヒトの皮膚細胞から採取した多能性幹細胞である”Muse細胞”を、脳梗塞状態にしたラットに移植することで、失われた神経機能を回復することに成功しました。脳梗塞によって失われた運動・知能機能の回復は、約3ヶ月後も維持されており、がん化も認められなかったようです。

動脈硬化が進行すると認知症リスクが3倍に跳ね上がる!

動脈硬化の進行度が高い人は、低い人に比べて、認知機能の低下割合が約3倍も大きいことが分かりました。動脈硬化は生活習慣の改善などによって予防することが可能ですので、動脈硬化による認知症リスクを具体的な数値で示すことの意議は大きいと言えます。

脳出血リスクは血糖値が低くても上昇!?3万人の大規模調査で意外な結果

心筋梗塞や脳卒中などの発症リスクと、直近の平均的な血糖値の状態を示すHbA1cとの関係について調べた大規模調査の結果、HbA1cの数値が高い人の方が、HbA1cの数値が正常範囲の人よりも、脳出血の発症リスクが低いという意外な結果が出たようです。

心臓の小さな穴をふさいで片頭痛を改善!6月より岡山大で新治療法を開始

辛い片頭痛の原因の一つと考えられている、心臓にある数ミリ程度の小さな穴を、カテーテルを用いて塞ぐ新しい治療が、6月より国内で初めて岡山大学病院で開始されます。従来の治療法では改善しなかった16~69歳の患者を対象に自由診療として行われ、治療費は約130万円とのこと。

人生における目的意識が高い高齢者ほど脳梗塞リスクが低下

高齢者453例について、生前の”人生における目的意識”を評価したデータと、死亡後の脳の病理解剖データを検証した結果、”人生における目的意識”が高い人は,肉眼で確認できる脳梗塞を有するリスクが約46%も低下することが示されました。

このページの先頭へ