「降圧治療」タグの記事一覧

高齢者の降圧薬を中止しても認知機能の低下を抑制できない

高血圧の高齢者に対して積極的な降圧治療を行うことは、脳の血流量を低下させ認知機能の低下をもたらす可能性があります。今回、オランダで降圧治療を受けている軽度認知症患者を対象に、降圧薬の使用を中止した場合と継続した場合の認知機能の変化が調査されました。

睡眠時無呼吸で夜間血圧が200mgHg以上に!危険なタイプの高血圧を確認

オムロン社などの研究グループは、睡眠時無呼吸を検知すると血圧測定を開始する研究用試作機を使って、たとえ夜間血圧の平均値が正常であっても、睡眠時無呼吸症候群が発生した時の血圧が200mgHg以上に上昇する危険なタイプの高血圧が存在することなどを確認しました。

このページの先頭へ