「難治性がん」タグの記事一覧

変異遺伝子をもつ難治性がんの転移を抑える化合物を発見

がん全体の3分の1を占めるとも言われている、変異したがん遺伝子をもつ”難治性がん”の転移に重要な役割を果たしているタンパク質が特定されました。さらに、このタンパク質の活動を抑制する化合物を探し出すことにも成功。数年内の新薬開発を目指しています。

抗がん剤と超音波と活性酸素で難治性がんをピンポイント攻撃!新しいがん治療法を開発

超音波に反応してがん細胞の毒となる活性酸素を発生させる抗がん剤を使用して、これをがん細胞に集まるように加工した上で患者に投与し、難治性がんをピンポイントで攻撃する新しいがん治療法が、東京女子医科大学の研究チームにより開発されました。この4月にも臨床試験が開始される予定です。

難治性スキルス胃がんの増殖や転移を促すタンパク質を特定

胃がんの中でも早期発見が難しい上、がんの進行が非常に早く、移転もしやすい難治性の「スキルス胃がん」について、その症状が進む原因となるタンパク質が特定されました。スキルス胃がんの治療を難しくしているメカニズムが世界で初めて解明されたのです。

膵臓がんを血液検査で早期発見!11月中にも検査キット検証へ

早期発見が難しく、治療も難しいとされる膵臓がんは、難治性のがんの代表とも言われています。今回、血液中の特定のたんぱく質を調べることで、膵臓がんを早い段階で発見する手法の開発に成功!既に、検査キットも開発済みで、11月内にも検証が始められる見通しです。

このページの先頭へ