自己免疫疾患の原因となる悪玉T細胞を排除する幹細胞を発見

ウイルスや細菌の侵入から体を守ってくれるのは免疫細胞です。その免疫細胞の司令塔である”T細胞”は、胸骨と心臓との間にある胸腺と呼ばれる器官で作られているのですが、そのT細胞の中には、自分の体の組織を誤って異物として攻撃してしまう悪玉のT細胞も存在します。

この悪玉のT細胞によって引き起こされるのが、リウマチや糖尿病などの自己免疫疾患なのですが、胸腺は病原体を認識して攻撃する本来あるべきT細胞を生み出すとともに、その一方で、この悪玉のT細胞を排除する働きも有しているのです。

日々、生み出される悪玉のT細胞を排除し、体の免疫機能を正常に保っているのは、胸腺にある胸腺髄質上皮細胞であることまでは、これまでの研究でわかっていたのですが、この胸腺髄質上皮細胞を生み出す幹細胞はについてはハッキリとは分かっていませんでした。

幹細胞を初めて発見!マウスへの移植で免疫疾患の回避にも成功

今回、京都大の研究チームは、自己免疫疾患の原因ともなる悪玉のT細胞を死滅させる細胞、つまり胸腺髄質上皮細胞を作り出すことのできる幹細胞をマウスの胸腺で世界で初めて発見しました。

さらに、今回発見された胸腺髄質上皮細胞の幹細胞を、自己免疫疾患を発症しているマウスに移植したところ、見事に髄質機能が正常化し、自己組織を攻撃していた悪玉のT細胞が消失しただけでなく、正常な胸腺髄質上皮細胞がほぼ生涯に渡って維持されたことが確認されました。

今後、この幹細胞を維持する機能が明らかにされれば、リウマチや糖尿病などの自己免疫疾患の有効な治療法の開発だけでなく、加齢による免疫力の低下やがん、動脈硬化などの様々な生活習慣病の予防と新しい治療法の開発に繋がると期待されています。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : その他の再生医療

このページの先頭へ