風邪薬「ルルアタックFX」「新ルル-K錠」 28万個を自主回収

頭痛薬「ロキソニンS」や H2ブロッカー胃腸薬「ガスター10」などでお馴染みの第一三共ヘルスケアは9日、同社から販売されている風邪薬「ルルアタックFX」と「新ルル-K錠」について、2013年8月以降に全国に出荷された製品の一部、合計28万1535個を自主回収すると発表しました。

その理由は、製造して2年経過した後の製品に関して、咳を鎮める有効成分の一つである ”デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物” の含有量が、承認規格を下回っている可能性があることが発覚したためなのだとか。

有効成分の含有量低下によって、薬の有効性が低下する可能性は否定できないものの、これに起因する重篤な健康被害が発生する恐れはなく、また、現在までにこの件に関する健康被害の報告もないとのこと。

回収対象となる製品の製造番号を確認

なお、今回の回収の対象となっている製品は、2013年8月以降に出荷された全ての製品ではありません。以下のページに対象となる製造番号が明記されていますので、風邪薬「ルルアタックFX」と「新ルル-K錠」を常備されている方はチェックしてみましょう。

かぜ薬「ルルアタックFX」「新ルル-K錠」自主回収のお知らせ

もしも回収対象製品に該当している場合には、下記の回収センターに連絡することで、新しい製品と交換していただけるようです。

問い合わせ先

第一三共ヘルスケア株式会社「ルルアタックFX・新ルル-K錠」回収センター
フリーダイヤル:0120-203-278
(受付時間:午前9時~午後5時)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : トピックス

このページの先頭へ