黄砂飛来の4日後に急性心筋梗塞リスクが1.3倍に

黄砂飛来から4日後で1.3倍に!

福岡県内の4病院が参加した調査の結果、黄砂の飛来によって心臓発作の一つである急性心筋梗塞での入院が増えていたことが判明しました。

今回、2003年4月~10年12月に、福岡県内にある4病院に入院した大人の急性心筋梗塞患者3,068人のデータを解析し、黄砂が飛来した日とそうでない日周辺の入院率の差が調べられました。

調査した8年間で黄砂の飛来が観測されたのは、3~5月を中心に合計75日間で、黄砂が飛来した当日から4日後に急性心筋梗塞で入院する危険性が1.2倍になっていることが判明しました。特に、黄砂の飛来から4日後の入院リスクは1.3倍にまで高まったのだとか。

特にリスクの高い人は黄砂対策を

特に心血管疾患リスクの高い人は、気象庁が6時間ごとに発表する黄砂予報などを参考にして、黄砂に対応したマスクの着用や出来る限り出歩かないなど、何らかの対策をすべきだと言えますね。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : 心筋梗塞

このページの先頭へ